EVENT
由比桜えびツアー 2003/4/26

ぜんこの地元は静岡県富士宮市だが、そのご近所、最近静岡と合併した清水のそばに由比という町があります。桜えびの名産!

参戦家族は、とばりゃ、hide宮原、井川、ぜんこの4家族です
本ツアーは次のようなすごいスケジュールで盛りだくさんでした♪
8:00横浜出発、10:00由比到着観光、13:00桜えびランチ、15:00久能で石垣いちご狩り、16:00いちごアイス満喫
17:00富士宮市AEONで休憩(ぜんこは自宅で)、19:30富士宮名物やきそばディナー、21:00風の湯で温泉満喫、23:30帰宅

相当混んでいることを想像して朝の8時に横浜を出発しましたが、東名高速はかなり空いてまして午前中は持て余してしまいました。富士インターから国道1号を経由して由比へ。こちらは、さくら海老館という観光名所です。おみやげを購入し表でくつろぐ絵でございます。

由比の街をぶらぶらとしますが、道端で桜えびのかき揚げを食いました。目の前で揚げてくれて気のいいおばちゃんが愉快でしたよ!

とばりゃは掻き揚げの他に黒はんぺんフライも食べてたぞ!

桜えびの掻き揚げ\150
黒はんぺんフライ\100

その挙げたてのかき揚げをおいしくいただくとばりゃ家のご長女わかなちゃんでございます。
そのままお昼御飯ですが、ガイドブックやテレビでも有名な井筒屋さんにいきました。大混雑でチケットによる待ち行列ですが、結局1時間ぐらい待ちました。ま、店先でおしゃべりしながらの暇潰し。こんだけ人数が居て子供がいるから時間がもつんでしょうね。
待つこと1時間でやっと入れました。食したのは由比定食。分厚い桜えびの掻き揚げ2枚、桜えびをまぶしたご飯。はまぐりと桜えびのおすまし、桜えびのつくだ煮、デザートに苺2個です。以上で\1,500。ランチにしてはちょっと高かったけど、こちらの掻き揚げは絶品でした。お勧めです。

桜えびを食った後、日本平動物園に向かうか、久能山のいちご狩りかと意見が分かれましたが、中途半端な時間を楽しむには苺ということになりました。ご覧のように海を目の前に斜面に広がる温室の景色は壮観でしたよ。

ご覧の絵は中途半端な腕立てをするとばりゃと、それを見てみぬフリをする井川です。「うん、そうそうマイケルシェンカーね」

温室の中はご覧のように段になっているので苺はつみやすいっすよ!

この時期ですと入場料は一人\1,000。30分ですが、そんなに食えネーって!苺は一番美味しい時期はちょっとすぎているような気がします。でも旨いぞ

しかし、井川ぐらいの身長の人が温室の中で立ち上がると頭が天井につかえてしまいます。
この界隈は苺名産ですなぁ。YAMAROKUというアイスクリームやサンがありましたので、こちらで苺のアイスを楽しみました。

富士宮AEONショッピングセンターで時間をつぶした後に、焼きそばで有名なお店に行こう!ということで、ちょっと調べておじゃましたのが、こちらの「うるおい亭」です。こんなこぎれいな店は昔はなかったはずですな。

鉄板に4家族でわいわいがやがやです。

まずは、五目天お好み焼きです。ふっくらとしたおいしいお好み焼きでしたよ。
うーむ、なにやら蓮音くんにパパとママが指導しております。それを不思議そうにみるわかなちゃんもいますな♪

こちらが名物の焼きそばです。うまそうなのが伝わるかな?

マルモ食品というとこの独特の蒸し麺です。肉カスという揚げた肉を具に使うのも特徴のひとつです。特製のソースと、イワシの粉をかけるのも独特です。私はガキの頃からくいなれてますが、本当に旨いです!

このお店は普通は客が自分で焼くのですが、お願いしたらご主人が焼いてくれましした。やっぱり店の人が焼いた方がうまいもんね。こちらのご主人ですが、気さくで親切で本当によいお店でしたよ!超お勧めです。

ちなみに我々ドライバーはレーベンブロイのノンアルコールビールを飲みました。えらいなぁ

この後、急いで「風の湯」という温泉に行きました。こちらは通常入場料\1,000なのですが、午後5時以降\500です。
ただ、最終のチェックインが9時なのですが、無理を言って9:20に入れてもらいました。すごくいいお湯でしたよ。
今度はもっと時間に余裕を持って来たいですね。

そんなわけで盛りだくさんの桜えびツアーは終了です。いやあ、遊んだ、遊んだ。飛び石のGWのせいか、それほど
全体的な混雑もなく、快適な休日のアクティビティでございました。



[EVENT INDEXへ]
[Zenko's ROOM]
[TUNEへ]